アレルギー症状の中で一番多いのが花粉症です。涙目や充血、かゆみなどの症状に目薬を常備しているかたも多いでしょう。最近では病院以外でも薬局などで花粉症用の目薬も数多く販売されています。当サイトでは花粉症用の目薬についてご紹介します。

ミニストップのアレルギー表示と腹痛の原因

ミニストップのアレルギー表示で、アレルゲン物質のチェックをすることができます。おにぎりや調理パン、惣菜や調理麺などは、購入前いに添付のラベルで、アレルゲン物質を確かめて購入ができるので安心です。

アレルギー症状は様々で、腹痛を起こすケースもあります。腹痛での下痢の原因は、食品アレルギーです。

食品が原因の消化管アレルギーは、特定の食べ物を食べたことによって、呼吸器や腎臓、皮膚や臓器などに異常反応をお越します、その中でも、腹痛を感じたり、嘔吐や下痢や血便といった消化器系に関わった症状を招きます。その殆どは、タンパク質を含んでいる食材を食べたことが原因です。小麦粉や牛乳、鶏卵や大豆、魚介類などが主要な原因となります。

割合としては成人した大人よりも、乳幼児に多く見られるものです。消化機能も、構造自体も、乳幼児はまだ未熟であるためです。摂取した原因物質を、抗原性を消去するくらいにまで消化分解ができないので、そうした症状を引き起こしやすくなります。抗原性を保ったままのペプチドを受け入れないような、腸管のバリア機能がまだまだ未熟だからです。

こうした症状の現れ方としては、原因物質を口にしてすぐに、口の中にいつもとは違う違和感を感じたり、嘔吐や唇の腫れなどの症状を引き起こします。それから腹痛が起こり、下痢などの症状が出てきます。これが慢性的なものとなると、貧血をおこしやすくなったり、体重が減っていったり、成長障害になることも考えられます。

乳児の場合だと哺乳後に、下血や血性下痢便などの、食物過敏性大腸炎を起こすことがあります。グルテンの蛋白に対してのアレルギー反応である、セリアック病になることもあります。