アレルギー症状の中で一番多いのが花粉症です。涙目や充血、かゆみなどの症状に目薬を常備しているかたも多いでしょう。最近では病院以外でも薬局などで花粉症用の目薬も数多く販売されています。当サイトでは花粉症用の目薬についてご紹介します。

慣れないことでストレスが溜まりアレルギー発症

食べ物や花粉、黄砂などアレルギーの原因となってしまう物質はさまざまなものがありますが、意外と知られていないのが精神的なストレスなども原因となってしまうことです。
これは慣れないことなどストレスが溜まってしまうと自律神経が不安となりアレルギー症状に効果的なステロイドホルモンが不足気味となってしまいます。ストレス自体が自律神経や免疫などを乱してしまいかゆみの中枢神経を刺激してしまい、またかゆみや先行きの不安、絶望感などが精神的な要因として加わりまたストレスが溜まってしまいます。そうなるとステロイドホルモンの必要量が増すにも関わらず、ステロイドホルモンがより減ってしまい症状が悪化するという悪循環になってしまいます。そのため、心身医学的な治療とともにステロイド薬を内服するなどの治療も必要となってきます。
このアレルギーの悪循環を断つためには、ストレスを減らすことが大切です。ストレスの原因を考えると同時に自分が現在ストレスを溜めていることを自覚する必要があります。そして、ストレスに対して自分はどのように対処することができるのかを考えて、あまり頑張りすぎないことも重要です。イライラする、不眠ぎみである、アルコールや食べ物を過度に摂取してしまうなどはストレスが心身ともに影響している証拠となります。集中力が無い、意欲が減退している、投げやりな気分になってしまうなどの気分が出てきてしまったら医師の診察を受けることをおすすめします。また、疲労感や不眠などのストレス症状が続く時は精神科や心療内科に相談することもおすすめです。
ストレスによる症状はアレルギーだけではなく、さまざまな症状が出てきてしまいます。適度に発散し、規則正しい生活を心がけることも重要です。