アレルギー症状の中で一番多いのが花粉症です。涙目や充血、かゆみなどの症状に目薬を常備しているかたも多いでしょう。最近では病院以外でも薬局などで花粉症用の目薬も数多く販売されています。当サイトでは花粉症用の目薬についてご紹介します。

花粉症に効果のあるセチリジン塩酸塩(市販薬)

花粉症などの辛いアレルギー性鼻炎を緩和する市販薬はいろいろありますが、なかでもコンタック鼻炎ZとストナリニZの2種類は、1日1回の服用で効果があるとして人気になっています。この2種類の薬の有効成分はセチリジン塩酸塩で、医療機関で処方される花粉症の薬と同じです。配合量まで同じなので、全く同様の効き目が期待できます。でありながら第2類医薬品に分類されており、薬局で薬剤師がいなくても、また通信販売でも購入できるのが特徴です。

セチリジン塩酸塩の効果

セチリジン塩酸塩は肥満細胞からヒスタミンなどの化学物質が放出されるのを抑え、同時にヒスタミンが受容体と結合するのを防いで、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状を緩和します。また炎症を引き起こす血液中の好酸球の活性化を抑え、鼻づまりを軽減する効果も期待できます。

セチリジン塩酸塩の副作用

セチリジン塩酸塩は副作用が比較的小さい第2世代の抗ヒスタミン薬です。ただし小さいとはいえ、眠気や口の渇きなどの副作用が出る場合があるため、服用直後の乗り物や機械類の運転は避けてください。効き目が長続きするので、就寝前に服用すれば、よく眠れてかえって都合が良いでしょう。まれに眠気を翌日に持ち越すことがあるので注意してください。

外部サイト情報

セチリジン – 花粉症・抗アレルギー薬@通販

コンタック鼻炎ZとストナリニZの違い

コンタック鼻炎ZとストナリニZはどちらも錠剤で、1錠中の有効成分の配合量は同じであり、添加物もセルロースやステアリン酸マグネシウム等、ほとんど同一と言ってよいでしょう。そのため効果も副作用も変わらないと考えられます。値段は定価では数十円ほどの違いしかなく、ドラッグストアではセールなどで値引きされていることも多いため、どちらが安いかは一概には言えません。その時々で安価なほうを選ぶのも一つの方法です。

コンタック鼻炎ZとストナリニZの使用について

医療機関で処方されるセチリジン塩酸塩の処方薬には、錠剤のほか子供が飲みやすいようにドライシロップも用意されています。コンタック鼻炎ZとストナリニZは15歳以上の方専用で、子供用のドライシロップはありません。成人が1日1回の服用で効くように配合量が調節されているため、子供には飲ませないようにしてください。なおコンタックのシリーズには小児用のカプセルも市販されていますが、1日2回の服用が基本となります。 肝臓や腎臓に持病がある方、また高齢の方は薬の代謝が遅くなり、血中濃度が高くなりすぎる恐れがあるので、どちらの薬も慎重に服用する必要があります。妊娠中や授乳中の女性も含めて、心配なら医師や薬剤師に相談してください。