アレルギー症状の中で一番多いのが花粉症です。涙目や充血、かゆみなどの症状に目薬を常備しているかたも多いでしょう。最近では病院以外でも薬局などで花粉症用の目薬も数多く販売されています。当サイトでは花粉症用の目薬についてご紹介します。

ゆで卵や鯖によるアレルギーの危険性

アレルギーを引き起こしうる原因物質は、非常に多くに数、存在しています。特に体内に直接、取り入れる食物アレルギーに関しては、原因となる食物は把握しきれていないほどの数あると言われています。食物アレルギーは、アレルギー症状の中でも最もお米アナフィラキシーを引き起こす可能性が高いものです。ですから、なるべく病院でアレルギーの有無に関しての検査を受けておいた方が安心です。また食物の場合、それそのものが原因になると言うよりも、その中に含まれている様々な成分のうち、ひとつだけがアレルゲンになると言う場合もあります。たとえば卵アレルギーの場合、まずよほど症状が重い人でない限り、黄身では症状が出ることはありません。白身の卵タンパク質が原因になるのですが、この卵タンパク質は、加熱をすればアレルゲンが失われるものと、加熱をしてもアレルゲンに変化がないものとに分けることができます。そのためもし、前者の成分にのみアレルギーを起こすような場合は、加熱した卵、ゆで卵や目玉焼きなどであれば食べることができることもあります。しかし後者の成分にも反応してしまう場合には、ゆで卵であったとしても食するのは危険と言うことになってしまいます。鯖の場合は、アミノ酸の一種であるヒスチジンを含んでいますが、これは鯖の鮮度が落ちていると感染している細菌の影響を受けて、ヒスタミンへと変性します。ヒスタミンは鼻炎性アレルギー症状の主な原因ですから、このことによってくしゃみや鼻水、また頭痛や吐き気などの症状が出てくることがあるとされています。ですから鮮度を保っておくこと、品質が低下しているものは食さないことが一番で、これは鯖以外のヒスチジンを持っている魚、鮪や鰤、鰯などにも共通して言えることです。