アレルギー症状の中で一番多いのが花粉症です。涙目や充血、かゆみなどの症状に目薬を常備しているかたも多いでしょう。最近では病院以外でも薬局などで花粉症用の目薬も数多く販売されています。当サイトでは花粉症用の目薬についてご紹介します。

インゲンやイカのアレルギー症状について

インゲンやイカで発症するアレルギーは、食物アレルギーの一種に該当します。食物アレルギーは、原因である食べ物を直接、体内に取り入れることから、重い症状が出やすいのが特徴です。その中でも最も重い症状として知られているのが、アナフィラキシーです。これは多臓器の障害が、同時に発症するものです。多臓器とは皮膚や消化器、呼吸器や気管器などを意味しています。ですからたとえば、皮膚に痒みが出ると同時に消化器に異常が出て下痢が発症し、更に呼吸機能も低下して呼吸困難に陥ると言うケースや、急激な血圧の低下により意識を失ってしまうなどのケースが症状としては挙げられます。よって適切な処置が遅れると、命の危機に直結することも少なくありません。インゲンだから、イカだからと言うことは関係なく、食物アレルギーを持っている人は、このアナフィラキシーには十分に気を付ける必要があります。食べてすぐにこの症状が出てくる場合もあれば、食べた後に運動を行うことによってこれが誘発される場合もあります。またこれ以外の症状としては、花粉症の時にあらわれるようなアレルギー性鼻炎、くしゃみ、鼻水、鼻づまりと言った症状よりは、喉の痒みやイガイガ感、あるいは喘鳴や喘息、皮膚の痒みや蕁麻疹のような症状の方が多く出てくるのが特徴です。また食べ物ですから、吸引性のアレルゲンよりも消化器に与える影響は大きいため、吐き気やそこからくる頭痛、そして実際に嘔吐すると言った症状が見られることもあります。食物アレルギーは、アナフィラキシーの可能性があると言うこと以外は、個人によって症状の出方に差があるのが特徴です。また一口にインゲンアレルギー、イカアレルギーと言っても、加熱をすれば大丈夫な人もいれば、加熱をしてもダメと言う人もいます。自分の状態を正しく把握するためにも、病院で調べてもらうことが望ましいです。