アレルギー症状の中で一番多いのが花粉症です。涙目や充血、かゆみなどの症状に目薬を常備しているかたも多いでしょう。最近では病院以外でも薬局などで花粉症用の目薬も数多く販売されています。当サイトでは花粉症用の目薬についてご紹介します。

花粉症と黄砂アレルギーの違いと安静に治療

近年、花粉症になる人が増加しています。しかし、中には花粉が原因ではなく黄砂が原因であるアレルギーも含まれているかもしれないのです。
花粉症は、植物の花粉が目や鼻の粘膜を刺激することによって目のかゆみや鼻水、鼻づまりなどを発症してしまうアレルギー疾患になります。
対して、黄砂アレルギーは中国大陸から偏西風によって飛来する黄砂によって引き起こされるアレルギー性の疾患です。砂の粒子が小さいものほど遠くに飛ばされ日本に到達する黄砂はとても小さくなっています。さらに大気中を移動するときに大気汚染物質やカビ、微生物などを取り込んでしまっているのです。黄砂自体はアレルゲンではなく、黄砂は主に岩石の主成分である二酸化ケイ素でできており、この二酸化ケイ素と付着する細菌やカビなどによってアレルギーや喘息、気管支炎を悪化させてしまうのです。
基本的に花粉症と黄砂アレルギーの症状は同じで、目や鼻、気管支に皮膚などに現れてしまいます。かゆみや鼻水、くしゃみや喘息、アトピー性皮膚炎などを引き起こしてしまいます。花粉症だったと思ったら黄砂が原因だという可能性や両方を併発している可能性もあります。黄砂にはアレルギーの薬というものが無いため症状に合わせて対処療法を行なうことになります。
どちらも粒子が細かいため目の細かいマスクやメガネをして体内への侵入を防ぐことが一番の対策方法になります。花粉症用のマスクでは黄砂を通してしまうため注意が必要です。また、花粉や黄砂の多い日は外出を控える、洗濯物を屋外に干さない、外出から帰った時は室内に持ち込まないようにするなどが重要です。
予防薬や特効薬は無いため、アレルゲンを特定する検査や症状に合わせて投薬するなどの治療が有効となります。