アレルギー症状の中で一番多いのが花粉症です。涙目や充血、かゆみなどの症状に目薬を常備しているかたも多いでしょう。最近では病院以外でも薬局などで花粉症用の目薬も数多く販売されています。当サイトでは花粉症用の目薬についてご紹介します。

市販の花粉症アレルギー用目薬の効果

花粉症アレルギーの人は年々増えていて、最近では成人だけでなく小児にも増えてきています。花粉症のアレルギー症状としては、目のかゆみ、鼻水、くしゃみがあげられますが、特に目のかゆみに悩まされる人は多いでしょう。花粉症の目薬は病院で処方される薬と市販薬があります。処方薬は、効き目の強い成分が使用してあり、防腐剤が入っていないことが特徴です。しかし、市販薬でも、医療用の成分と同じものが配合されているスイッチOTC の目薬や、アレルギー症状に十分有効な成分の入っている目薬もあります。市販薬は、ドラッグストアなどで、いつでも手軽に購入することができるので、病院に行き時間がない人や目の症状だけなので軽減させたい人には有効です。目のかゆみの原因はヒスタミンや抗炎症物質にあります。そこで、抗ヒスタミン成分や抗炎症作用成分が入っているものを選びます。普通の目薬でも、抗ヒスタミン成分のクロルフェニラミンマレイン酸塩や抗炎症成分のグリチルリチン酸二カリウムは入っています。症状が軽い程度ならこれらが通常より多めに配合されているアレルギー専用目薬でもよいでしょう。アレルギー症状がひどい場合は医療用と同じ成分が配合されているスイッチOTC目薬を選択しましょう。ケトチフェンフマル酸塩は第二世代抗ヒスタミン成分といわれるものです。従来の抗ヒスタミン薬は眠気がするのが特徴でしたが、第二世代抗ヒスタミン成分は眠気などの副作用が軽減されています。クロモグリク酸ナトリウムは医療用の抗アレルギー成分です。
ペミロラストカリウムは、医療用の抗炎症作用成分です。
これらの配合された目薬は多少価格が高いですが、効果も高く、アレルギー症状の強い人にはお勧めです。

市販の花粉症アレルギー用目薬と処方薬の違い

アレルギーで発生する目の症状は、不快感を発生させるだけではなく、日常に支障を与える事が問題になります。目のアレルギーを解消する為には、薬を用いる必要がありますし、市販薬と処方薬のどちらかを選ぶ事が欠かせません。アレルギー症状の程度が低い場合は、市販薬でも対応出来ますが、症状が進行した時は医者に処方して貰う事も必要になります。市販薬と処方薬、二つの違いはアレルギーに対する効果で、基本的にはどちらも類似した作用が含まれています。アレルギー用目薬の特徴は、アレルギー反応を抑える働くに加えて、腫れや炎症を鎮める作用、そして痒みを抑える効果を発揮する事にあります。アレルギー反応は、体の防御機能が暴走した結果に起こるので、これを抑える効果の強さが市販と処方の大きな違いといえます。原因物質を取り除く事も大切ですが、症状を抑える必要もあるので、同時に対処する事がアレルギー対策の基本になります。市販薬が選べる事は、忙しい人にとっての助けになったり、症状を一時的にでも軽減出来る切っ掛けになります。しかし、全く効果が見られない時は、購入費用の無駄になるので、症状の程度を見極める為にも医者の診断を受ける事は大切です。最初の診察で症状は軽微と判断されれば、市販薬でも十分に対応出来る状態なので、それ以降の治療に医者の処方は必要なくなります。一方で、重大な症状が発生していると判断された時は、その時点から直ぐに適切な治療を始める事が出来ます。症状に適した治療は、治療費用の無駄を削減するだけではなく、症状を確実に改善する機会に変わります。
どちらが良いかではなく、体に適した最善の薬を選ぶ事が大切なので、一度医者に診て貰ったり、症状や状態の評価を受ける事が効率的な治療のポイントになります。

花粉症アレルギー用目薬の副作用と注意事項

花粉症アレルギーの人は、花粉が目に入ると非常に痒くなったり、赤く充血したりしてとても辛い思いをします。その場合、多くの人は目薬を使用します。目薬で花粉を目の外に洗い出そうとする人が多いのです。また、痒みを抑えたり、赤く充血した目のケアのために使う人も多いです。そのあまりの辛さから大量に目薬を使う人もいますが、少し注意する必要があります。それは目薬の副作用のことを考えなければならないと言うことです。副作用には軽いものから酷いものまで、様々な種類が存在します。最も程度が軽いのは目に少しだけ違和感を感じる場合です。この副作用が発生すると、目を強く何度も擦ってしまうので、充血が酷くなることが多いです。そのため目に違和感があっても、なるべくまぶたには触れないようにすることが肝要です。ひどい副作用としては、頭が痛くなったり、嘔吐するなどの症状もあります。もしこれらの症状が少しでも見られたら即座に使用することをやめなければなりません。それだけでなく、できるだけ早くかかりつけの医師に診断してもらったほうが良いです。目薬が原因でさらに症状が悪くなったり、他のアレルギーを引き起こしてしまう可能性もあるからです。著しく目が傷ついたり、ウィルスへの免疫力が奪われてしまう可能性もあります。目薬を使う際の注意点としては、購入するときにはなるべく薬剤師に相談した方が良いです。さらにかかりつけの医師に相談できるなら相談した方が良いです。ドラッグストアに行って自分だけの判断で購入してしまうと、失敗する可能性が高まってしまいます。自分がどういう花粉症アレルギーであるのかをしっかり分析した上で、購入する必要があるからです。
■花粉症などのアレルギー症状に
抗アレルギー薬にはいろいろな種類がある
■花粉症の予防としても効果のあるザイザル
ザイザルはよく効きます
■花粉症は症状が出る前に薬の準備を
アレグラの入手方法